フランス旅行の最新情報

ヨーロッパでは3回目のワクチン接種も進み、新型コロナウイルスとの共存と規制緩和の動きも進んできました。
フランスを例に2022年3月4日現在の最新情報をお届けいたします。



■フランス入国に必要なもの■

① ワクチン接種証明書(自治体発行のものでも接種証明書アプリでも可)

② 搭乗48時間以内のPCR検査の陰性証明(3回ワクチンを接種している人は免除)

③ フランス内務省発行の誓約書(必要書類となっているが確認されないことのほうが多いようです。でも一応お客様にはお持ちいただいて下さい)以下リンクからダウンロード可能
http://jp.res.rendezvousenfrance.com//Pro/04-12-21-engagement-honneur-vert-anglais-docx.docx


■ワクチンパスの利用停止■

ついに3月14日より、フランス旅行のためのワクチンパスが不要になります。

これにより、今まで提示義務だった観光地、レストラン、カフェ、百貨店、長距離鉄道、飛行機、イベント会場が今後は今まで通りワクチンパス無しでご利用いただくことができるようになります。

※例外として、医療機関や老人ホームなどの訪問はワクチンパスではなく衛生パスが必要となりますので、ワクチンを接種していなくても24時間以内のPCR検査の陰性証明で可能です。


■マスク着用義務の撤廃■

公共交通機関と医療機関を除く全ての場所でマスクの着用義務がなくなりました。




ワクチンパスは廃止ではなく停止ですが、今後再開される可能性は低いと考えられます。
ワクチンパスの規制が撤廃されただけでも大きな前進となり、年内のアフターコロナの旅行に向けては嬉しいニュースとなりました。


※フランス政府の公的機関からの情報を元にお伝えしております。掲載の内容の保証するものではございません。